ここからご入力下さい。男子は十階層前に第三国駐在になり、初の独り暮し転勤暮しをすることになりました。国内にいる時は販売輩自体で、深夜に帰宅、週末はほぼ寝て明かし、坊やとのふれあいもろくすっぽない毎日。私も坊やもそんな毎日は明々白々化していて、「パパ~!」と任せることもなく、家庭内母子自宅状態です。そういった男子が独り暮し転勤することになっても、とにかく今までとおんなじさ!的感じで考えていたのに、本当に坊やって二人だけの暮しが始まると、大違いだったことに勘づくのです。坊やの学園でのスパム処理、父兄への処理、電気屋兼大工としての販売、その他細々としたことを自分ひとりで請け負う現象の大変さを痛感しました。男子は何もしてくれない自身だと思っていたのは考え違いで、当たり前のようにしてくれていたことがあったんだ!こんな母子自宅暮しも10階層を迎え、男子が戻ることになりました。夫婦の空欄の10階層は長かった。男子は自分で何でも望める自身になっていて、やっぱり自身よりも慎重な暮し振り。こちらは母子でいろいろ生活を送っていたのに、急に家庭内がピリっとした心地。坊やも困り、よそよそしいことを取り去る具合。まったく同居暮しは始まったばかりだから、お互いのくらしを談判しながら確立していかなきゃだ。セックスがしたい人はどうしたら出会える?日替わりでSEXする方法