京都で、なぜ、お買い物がしやすいのかというと、先ず、寂しげということがあるのです。やつがいても口うるさくないのです。これは、特徴的です。がやがやしてはいないのです。こうなると、一気に、街も盛り上がって、凄いことに、京都の街は、いたるところで工事ミドルだ。あちらもか、ここもかというくらいに、更地にが、工事の音響で埋め尽くされている。
京都には、メインの流れがたくさんあるのですが、堀川流れも、3業者も大工事ミドルだ。河原町流れというショッピングの街も、3業者以来大工事。更地が引き立ち、いっぺんに工事が始まります。ただ、それは、人の住むところではないようです。自宅は、極端に少ないです。一軒家に至っては、二度と、築き上げることはできないくらいの状態だ。なぜなら、うちが建つような地面は、マーケットにはないのです。ないといっても、本来ば、20軒ぐらいということでしょう。だが、京都は、ゼロなのです。乏しいは、皆無。皆無ですよ。信じられますか。
秀吉の時代に洛中と呼ばれる域に、住宅用地はゼロなのです。出ても一気にキープされてしまう。なぜなら、住宅の少なさって、京都のユーザビリティという美しさでしょう。唯一だ。LINE掲示板は危険!ライン掲示板で出会えないその理由とは?