ニューモデルって高い方法。最低でも税など入れれば100万くらいはかかってしまうでしょう。
も、なるたけ安く買いたいですよね。
我々は、こんなアイデアをしました。

初めて、私のほしい自動車って、同じくらいのレベルの、ほかの店舗の自動車を調査しました。
正にその職場をめぐって、元値がいくらで、いくらの割引を通してもらえるのか。
何かプラスアルファはつけてもらえるのか、など。

その資料を有する上で、ほんとにほしい自動車の店舗に行きました。
セールスに、「我々はここの自動車が好きでほしいんだけど、男子がここが欲しいと言っている」
と言って、用意してあった、他社の資料を出しました。
私のほしい自動車と通常同等の金額になっています。

「男子は、これは母親くさいプラモデルで、自分が乗るには可愛すぎると言っています。
その点、こういう店舗の自動車はプラモデルがかっこいいですよね。値段も同じくらいなので。」
って言葉を濁すという、「お割引させていただきますよ」とのこと。
なので、いくらになりますか?と言いながら、額を下げ、渋って渋って見積もり書を
書いてもらいました。

すでに、その時点でおなかは決まっているのですが、そんな事は相手には言わず、
「主人といったお話決める」と言いました。次に、主人を連れていきました。
主人は、自分がセールスなので、相手方のハートが分かります。
割引の上、余計色々な要素や、助けを付けてもらいました。
実に嬉しいショッピングが出来ました。公式サイトはこちら