Skip navigation

師走となって冬の気候が進むのが早いなと思う、例年だと寒いけれどゆるやかなお天気だったのに。
初冬のころなのに各地の大雪のニュースがあちこちという感じで、それもいつもなら北海道や東北などのはずなんですけど、九州や四国でも雪が降ったらしい。
こんな気候だからおでかけ着というと冬コート、11月の下旬くらいでもダウンジャケットは街のなかで見かけたものだった。

この季節の定番の色ってそう変わらないものなんだと思うのは、パンツやスカート、それにコートなどはデザインが色々でも基本色ですよね。
チャコールグレーというような黒のような色やブラウン系、それよりも薄い色としたらベージュやアイボリー。
冬の景色をそのままうつすようなシックな色が、季節の日ざしにも映えるみたいですね、パステルカラーなどの明るい色ならセーターなどコートの内側にして。

コートが基本色でシックならショールやマフラーでおしゃれをしてみるのもいい、寒くてもなごむような柔らかい色なんてメリハリになっていいと思います。
小物とコートなど色の使い方は中途半端でないほうがカッコいいですね。

イタリアの会社ジオックスの靴はイタリア製ではありませんが、そのせいで2万円くらいで買えるお手頃の靴です。何がいいかというと、靴の底が他の靴とは違い呼吸するので、一日履いていても全く蒸れません。空気は通しますが水は通さないので雨の日でも全く問題ありません。デザインはシンプルなものが多く、派手好みの人には向きませんが、オフィスで履く靴としては本当におすすめです。蒸れないので、靴の中敷きも痛みにくく、本当に長持ちします。
特に宴会シーズンで仕事の後、座敷で飲み食いするときなど、靴を脱ぐとき足の蒸れた臭いを気にする必要がないのがすごく気に入っています。夏場はサンダルを愛用しているのですが、蒸れないので歩いているときに全然すべりません。ローファーやパンプスも素足で履いても全く蒸れませんし、人前で靴を脱いでも全く臭いを気にしなくていいので、もう他の靴メーカーの靴をはけなくなりました。
最近、冬用のブーツを買ったのですが、ブーツも全く蒸れないので、一日履いて家に帰っても、靴の中が湿ってないし、臭いもしません。機能的には本当にすぐれた靴なので、気に入ったデザインを探してみてはどうでしょうか。